適度に目を休ませる

適度に目を休ませる

視力回復方法としてよく知られるものに「目を休ませる」というものがあります。これは単純な話で、目にも疲労が蓄積するのでその分だけ休息をとって回復させるというものです。簡単な行為ですが効果は大きく、目の健康維持にも大変有効な方法とされています。目の酷使が増えた現代社会では、目の疲労をいかにうまく解消するかが、目の健康を維持するのに重要となってきています。

目を疲れさせる要因

目を疲れさせる要因には様々なものがあり、現代ではその要因が増えてきています。日常生活を送るだけでも、目に入ってくる光、目に触れる空気やほこりなどが目を傷つけています。また、目を動かす筋肉は、私たちが意識するよりも激しい運動を行っており、ずっと同じ働きを行えるわけではありません。その他にも「同じ距離のものを見続ける」「暗い場所で光源を見る」などの行為も目の疲労を加速させてしまいます。

休息するべきタイミングとは

目を休ませるタイミングとは、どのようなものがあるでしょうか。夜間の十分な睡眠は当たり前として、出来れば日中にも休息を取りたいものです。目を最も使う時間の多いのは、日中に行動しているときですから、時間の隙間を見つけては休息を入れていきたいものです。特に読み物を読んだり、パソコンの画面と向き合うことの多い方は、1時間ごとに5分程度目を休ませる時間がほしいところです。これは単純に目を休ませる以外にも、精神的なリフレッシュ効果があり、うまく休息をとっていくことで作業効率を上げることができます。

目の疲労は次の日に持ち込まないようにする

目の疲労が次の日まで残っていると、いつも以上に目が疲れやすく、回復しにくくなってしまいます。この状態が続くと本格的な眼精疲労の症状が表れ始めてしまい、目の痛みや視力低下が引き起こされてしまいます。慢性的に眼精疲労が続けば、疲労による一時的な視力低下が、本格的な視力低下につながることもあります。疲れ目を感じた際には、できるだけ積極的に目を休ませるようにしましょう。