視力回復コンタクトについて

視力回復コンタクトとは?

最近の視力回復法といえばレーシック手術が有名で、効果も確かなものとなっています。しかし、レーシック手術は角膜を切開せねばならないので、目を切開するという恐怖心を持つ方も少なくありません。また、レーシックはトラブルも多く、合併症に悩まされるというケースも少なくありません。これらの事情から、レーシックを敬遠しているという方もいらっしゃることでしょう。レーシック手術と並んで最近注目されてきたものに「視力回復コンタクト」というものがあります。正式にはオルソケラトロジーという治療法で、特別な手術の必要なしに視力を回復させることができます。

オルソケラトロジーの概要

オルソケラトロジーは、超高酸素透過コンタクト(オルソレンズ)を睡眠時に装着することで角膜を矯正し、視力を向上させるという治療になります。角膜の矯正によって、日中の間はコンタクトも眼鏡も必要なくなり、ストレスフリーな生活が送れます。また、寝る前にオルソレンズをつけるだけでいいので、大変手軽に視力向上できるのも魅力の一つです。レーシックのように合併症の心配もほぼないので、安全性も高水準の治療となっています。

デメリットについて

視力回復コンタクトについてですが、メリットばかりとはいかないようです。デメリットとして、まず値段に関するものがあります。両目の治療に必要な費用は約20〜40万円となっており、レーシック手術と比べるとコストパフォーマンスで劣ります。そのうえレンズは買い替えが必要で、数年に一度は新調することになります。また、視力回復効果を維持するには毎晩のコンタクトの着用が必要です。毎日日中にコンタクトをつけるよりは良いかもしれませんが、これはこれで面倒に感じるかもしれません。角膜の歪みによってはオルソケラトロジーではなく「オサート」という治療になりますが、オルソケラトロジーよりも費用が高くなってしまいます。
他にもハードコンタクトなので運用が面倒、合併症や感染症のリスクも一応ある、という一面があります。

PS.以下のサイトも参照ください。

サイト:http://オルソケラトロジーまるわかり.jp/