眼球トレーニングについて

眼球トレーニングとは?

ノーコストで視力を回復させる方法として密かに話題となっているものに「眼球トレーニング」があります。眼球トレーニングとは、その名の通り眼球を動かすことで目の筋肉を鍛え、眼球運動および視力を向上させるというトレーニングになります。普段さほど意識しませんが、目には多くの筋肉があり、そのどれもが欠けてはならない筋肉として存在しています。テレビやパソコンなど、一点を集中して見ることが増えた現代では、目を動かすことが少なくなってきており、眼球の筋肉も衰えがちです。また、眼球の筋肉が衰えることによる弊害もいくつか存在しています。眼球を動かすことが少なくなった現代だからこそ、トレーニングで筋力を鍛える必要があるのです。

老眼に効果的

眼球トレーニングが効果を発揮する症状に、老眼があります。老眼は、加齢によって水晶体が固くなり、同時に水晶体を動かしてピントを合わせる「毛様体筋」が衰えることで発生します。通常は近くのものを見るときに水晶体が薄く引き伸ばされるのですが、老眼ではそれができなくなります。よって、老眼では特に近くのものが見えにくくなってしまいます。水晶体の硬化はなかなか阻止できませんが、毛様体筋を鍛えることである程度症状を緩和できます。近くのものと遠くのものを交互に見るトレーニングを行うことで、毛様体筋を鍛えてピントが合いやすくし、老眼予防や緩和が可能となります。ただし、無理に行うと眼精疲労のもととなるので注意が必要です。

近視や乱視には効果が無い

眼球トレーニングは目の筋力を鍛える運動ですから、角膜や屈折率が原因の近視や乱視には効果がほぼありません。稀に、近視や乱視を解消すると謳ったトレーニング法などを目にしますが、理論上は不可能です。あるとすれば、眼球運動によって血行が良くなり、疲労性の視力低下が解消できるといった程度です。それでもまだプラシーボ程度の効果しかないでしょう。眼精疲労を解消して一時的に失われた視力を取り戻すなら、休息や栄養補給のほうが効果的です。