アントシアニンについて

アントシアニンとは?

目の働きを助ける栄養として、おそらく一般に最もよく知られているものに「アントシアニン」があります。アントシアニンとは色素の一種であり、アントシアニンを含む食物としてはブルーベリーが最も有名です。ブルベリ−が青紫色なのも、このアントシアニンによる部分が大きいです。

アントシアニンの目に対する効果として、ロドプシンの再合成があります。ロドプシンという言葉はあまり耳にすることはないかもしれませんが、目においては大変重要な働きを持つ組織として知られています。ロドプシンが多く存在しているのは、目の奥の網膜です。網膜は光の情報を視神経へと伝える大変重要な器官です。網膜はロドプシンがあるおかげで正常な活動を行えますが、ロドプシンは光に弱く、光に当たると分解されてしまいます。アントシアニンのロドプシンの再合成とは、網膜で分解されてロドプシンを元通りにする働きのことになります。これによって、網膜が一時的に失っていた機能を取り戻すことができ、通常通りの機能を果たすことができるようになるのです。

アントシアニンにはこのほかにも目にとってはうれしい効果があります。その一つとしては「抗酸化作用」があります。抗酸化作用とは、人体にとって有害となりやすい活性酸素を体内から除去する効果のことです。目に対する活性酸素の悪影響としては動脈硬化と血流の悪化があります。目には毛細血管が張り巡らされており、目にとっての生命線となっています。動脈硬化や血流の悪化が起こると、目の機能が低下してしまい、視力の低下や目の疲れが引き起こされてしまいます。アントシアニンの抗酸化作用は、血行を阻害する活性酸素を除去し目の機能を正常に保つ効果があります。

これらのほかにも、アントシアニンには暗順応機能向上、網膜症予防、水晶体の安定化などの機能があるとされています。このようにアントシアニンには目の機能を助ける効能が多く、眼科治療などでも用いられることもあるほどです。